松本蘭 ウィンタークラシックコンサート in リバティ 開催のお知らせ★令和元年12月14日(土)午後1時30分開場

2019/10/18

寒い季節に暖かなクラシックの調べを...平成31年度公共ホール音楽活性化支援事業

「松本蘭ウィンタークラシックコンサート in リバティ」

高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストに選ばれ、現在は「めざましクラシックス」で精力的に 全国を駆け巡っているバイオリニスト・松本蘭さんを、ここリバティに招いて クラシックコンサートを開催します。
今回は、数々の賞を受賞してきたピアニスト・酒井有彩さんも伴奏者として招いています。

松本さんが奏でる暖かな弦の調べと酒井さんのピアノ伴奏が織り成すハーモニーをどうぞお楽しみください!

コンサートの詳細は下記の通りです。


令和元年12月14日(土)午後1時30分開場
午後2時開演 午後4時終演(予定)

◆会 場

嬉野市社会文化会館リバティ 文化ホール

チケット

(前売り) 一般・大学生1,500円 高校生以下1,000円

(当 日) 一般・大学生2,000円 高校生以下1,500円

※未就学児入場無料

※前売券が完売した場合、当日券の販売はありません。

※チケットは、令和元年10月15日(火) に各プレイガイドで販売を開始します。

ただし、リバティのみ10月14日(月,祝)に先行発売します。

チケットプレイガイド

嬉野市文化振興事業実行委員会事務局(リバティ内)

嬉野交流センター(嬉野町)

鹿島市生涯学習センター・エイブル(鹿島市)

有明スカイパークふれあい郷(白石町)

炎の博記念堂(有田町)

佐賀市文化会館(佐賀市)

シーハットおおむら(長崎県大村市)

アーティスト紹介

ヴァイオリニスト松本蘭さん

桐朋学園大学音楽学部卒業。ヴァイオリンを徳永二男氏に師事。
これまでにソリストとして、東京交響楽団、京都市交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などと共演。06年より「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」のメンバーとして3年間の活動を経たのちソロ活動を開始。09年ワーナーミュージック・ジャパンよりCDデビュー。発売前に先行配信されたiTunes限定はクラシックチャートにて1位を獲得。

13年セカンドアルバムとなる「GROW」、初めてのセルフプロデュース作品となるアルバム「Romance」を2016年リリースし、好評を博す。
第41回09年ミス日本「ミス着物」を受賞。台湾総統府を表敬訪問し総統の前で演奏するほか、14年7月国際交流基金より助成を受け日本スペイン交流400周年における記念事業でスペイン各地でリサイタルを行い、また17年には日露文化交流公演でサンクトペテルブルク、マリインスキー劇場にて公演するなど国際文化交流にも積極的に参加している。
これまで津軽三味線・吉田兄弟、俳優で歌手の寺尾聰、歌舞伎役者の七代目市川染五郎など、クラシックの枠を超えたコラボレーションも数多く、その情熱的なパフォーマンス、クラシックの枠に縛られない幅広い音楽性には定評がある。また14年より、フジテレビアナウンサー軽部真一と共に「めざましクラシックス」松本蘭バージョンをスタートさせ、現在全国で公演を行い好評を博している。
その他、テレビ番組やコマーシャルのテーマ音楽を担当するなどの作曲活動や、テレビドラマや映画に女優として出演するなど、多彩な活動が注目されている。
現在、ヤマハ企業CMや東海東京フィナンシャル・グループ「オルクドール」、ニッピコラーゲン化粧品のイメージキャラクターとしてCM出演中。

ranmasumoto.jpg

ピアニスト・酒井有彩さん

文化庁新進芸術家在外研修員、明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生として、ベルリン芸術大学を最優秀で卒業。ヤマハ音楽振興会留学奨学生として、同大学国家演奏家コースを卒業、国家演奏家資格を取得。浜松国際ピアノアカデミーにてプロミシング・アーティスト賞、マルサラ市国際第2位、ジュネーブ国際セミファイナリスト、ブゾーニ国際ファイナルスカラシップ、レオポルド・ベラン国際第1位など国内外の

コンクールに多数入賞。ショパン音楽祭、マコン音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ音楽祭、NHK FM「リサイタル・ノヴァ」等に出演。ポーランド国立放送響、リベイランプレート響、大阪響、関西フィル、日本センチュリー響、兵庫PAC管、モディリアーニ弦楽四重奏団などと共演。CHANEL Pygmalion Days アーティスト。

(財)地域創造公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト。

ヤマハミュージックメディア音楽配信【mysound】ハイレゾ特集にて取り上げられる。

2019年 デビューCD「ラヴェル ピアノ協奏曲 ト長調」で飯森範親指揮・日本センチュリー交響楽団と共演、レコード芸術誌の特選盤に選出される。
公式ウェブサイトhttps://www.arisasakai.com/

arisasakai.jpg

主催

嬉野市文化振興事業実行委員会

後援

嬉野市、嬉野市教育委員会、エフエム佐賀

 
 
問い合わせ先
嬉野市文化振興事業実行委員会事務局(嬉野市社会文化会館リバティ内) 
TEL 0954-66-9320  FAX 0954-66-9321
E-mail liberty-ureshino@city.ureshino.lg.jp 
Go to Top