カレンダー企画に「宵の美術館なまずの寝床」写真が選ばれました!

【カレンダー企画に写真が選ばれました!】



うれしの温泉のほほん情報局Webチームのメンバーでもある「うれしの元気通信」編集長 松本 聡子さんの作品が 「ゆうちょ銀行」と「my home town わたしのマチオモイ帖」のコラボレーション企画 「ゆうちょマチオモイカレンダー」に写真が採用されました。
使われている写真は2019年開催「宵の美術館なまずの寝床」。



掲載されているカレンダーは四国・九州・沖縄版の2020年2月です。 配布エリアも同じく四国・九州・沖縄の郵便局です。
すでに配布は始まっており、無くなり次第終了です。 下記ページからもご覧いただけます。

■「ゆうちょマチオモイカレンダー」
https://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/activity/calendar/abt_act_calendar.html
■「my home town わたしのマチオモイ帖」 http://machiomoi.net/
/

「わたしのマチオモイ帖」は日本全国のデザイナー、写真家、イラストレーターなどさまざまなクリエイターが自分にとって大切な町、ふるさとの町、学生時代を過ごした町や今暮らす町など、各地の町で育まれた「わたしだけのマチ」を
小冊子や映像作品にして紹介する展覧会活動です。
活動は2011年東日本大震災の年、故郷を思う一冊からはじまりました。

「ゆうちょマチオモイカレンダー」はゆうちょ銀行と共同プロジェクトで、2013年から8年連続で発行されています。
イラストあり、写真あり、デザインあり・・・と個性豊かな作品の数々です。


◆サイト内うれしの元気通信フェイスブックより松本 聡子さんのコメントです!◆


*******************
私は嬉野のお隣、鹿島市で生まれ育ちました。
うれしの元気通信に関わるまでは
嬉野に訪れたことはほんの数回だけ。
知らないことだらけで、
会う人も魅力的で、
今では(勝手に)
もうひとつの故郷のように思っています

2017年から始まったなまずの寝床は
嬉野市体育館にランタンを並べて作る巨大アート。
毎年少しずつランタンが増え、
配置も変わります。
ランタン作家・三上 真輝さん指導の元、
地元の方もランタン作りに参加をしています。
三上さんの遊び心あふれる空間は、
ちょこんと隠れキャラがいたり、
歩くたびに見え方が変わったりと
長時間いても飽きが来ません。
初年度には私もスタッフのひとりとして
Facebookでの発信をするなど関わってきました。
2020年も開催日程が決まっております。
2020年1月25日(土)~2月11日(祝・火)
公式ホームページ(音楽が流れます)
https://www.yoinobijutsukan.com/
 ※日程以外の詳細はまだ更新されていません
三上さんは今週、嬉野入りされました。
また新たなランタンが誕生します。
いろいろ決まりましたら、
またお知らせいたします。
これからも、うれしの元気通信を
よろしくお願いいたします

Go to Top